相続とは

亡くなった方の財産を引き継ぐことです。人の命は永遠ではありませんから、相続はどなたにも必ず発生するものです。また相続は、人が亡くなることで当然に始まります。亡くなった方は被相続人といい、その財産を引き継ぐ方を相続人といいます。遺言で相続人が指定されている場合など特別な事情のない限り、相続人になる人は民法で決まられており、これを法定相続人といいます。相続においてはまず誰が相続人か確かめることが大切です。相続税の額も相続人が確定してから決まります。

 


法定相続人

配偶者

死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人となります。

 

第1順位:死亡した人の子ども

その子どもが既に死亡しているときは、その子どもの直系卑属(子や孫など)が

相続人となります。

 

第2順位:死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)

第2順位の人は、第1順位の人がいないときに相続人となります。

 

第3順位:死亡した人の兄弟姉妹

第3順位の人は第1~2順位の人がいないときに相続人となります。その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子どもが相続人となります。       

 

相続財産とは

 相続または遺贈により取得したもので金銭に見積もることができる経済的価値のある全てのものをいいます。

所有権や借地権だけでなく、預貯金、株式、社債、国債、貸付金債権なども含まれます。これら相続財産には相続税が課税されます。

 

但し以下の相続財産は非課税扱いとされています。

①墓地・仏壇・仏具

②相続人が受け取った生命保険金等のうち、500万円×法定相続人の数で得られた金額

③相続人が受け取った死亡退職金のうち、500万円×法定相続人の数で得られた金額

④国、地方公共団体、特定の公益法人又は認定特定非営利活動法人等への寄付

⑤一定の公益事業用の財産    など

 

 

料金

ご相談      無料 

相続人調査    20,000円~

相続財産の調査  20,000円~

 

 

 


 遺産分割とは

相続人が複数いる場合、相続した財産(遺産)は共有状態にあります。共有状態にある遺産を相続人間で分配し各相続人の固有財産とする手続きが遺産分割です。相続人は合意により自由に遺産を分割することができます。合意した内容に基づき遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書は不動産や預貯金の名義変更、また相続税の納付の際も必要となる書類です。

行政書士はご依頼により遺産分割協議書を作成いたします。


料金

遺産分割協議書作成 100,000円~

各種お手続き    100,000円~